Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Sponsored links
本ブログ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
Recommend
【送料無料】MASTERキートン(7)完全版
【送料無料】MASTERキートン(7)完全版 (JUGEMレビュー »)
コミック界の至宝、完全版で再発掘!!名作との誉れ高い『MASTERキートン』が完全版として復活!!雑誌掲載時の4色2色ページを完全再現したA5判の豪華版。
Recommend
【送料無料】罪悪
【送料無料】罪悪 (JUGEMレビュー »)
この世には、裁くことのできない「罪」がある。高名な刑事事件弁護士が現実の事件に材を得て、様々な罪人たちの真実の姿を描き出す。『犯罪』の著者による至高の連作短篇集。
Recommend
【送料無料】アヒルキラー
【送料無料】アヒルキラー (JUGEMレビュー »)
美女ばかりを狙った連続殺人事件が発生。その顔はズタズタに切り刻まれ、死体の横には必ずアヒルのおもちゃがあった…。世にも残酷な難事件を追ううちに、新米刑事の赤羽健吾と、行動分析課の上司・八重樫育子は、57年前の未解決事件に行きつく。
Recommend
【送料無料】寝るだけ!骨盤枕ダイエット
【送料無料】寝るだけ!骨盤枕ダイエット (JUGEMレビュー »)
腰の下に枕を置いて寝るだけで、おなかがぺったんこになる超ラクやせダイエットを紹介。骨盤枕ダイエットの基本から、部位別ダイエット、不調に効く骨盤枕エクサを解説。骨盤枕ダイエット体験リポートも収録。
Recommend
【送料無料】ギャル曽根流大食いHAPPYダイエット
【送料無料】ギャル曽根流大食いHAPPYダイエット (JUGEMレビュー »)
半年で15キロ痩せた彼と結婚!大食いしても太らないギャル曽根レシピ92を大公開!ボリュームたっぷり、カロリー低め。満足するからリバウンドなし。
Recommend
BELOVED
BELOVED (JUGEMレビュー »)
GLAY, TAKURO, 佐久間正英
宝石箱のように色あざやかな美しい曲が揃った大事な大好きなアルバム。うれしいときも悲しいときも取り出して聴きたくなる。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
夜明けのメイジー
今日の1冊は、ジャクリーン・ウィンスピア の

夜明けのメイジー」です。


舞台は20世紀前半のロンドン。

女探偵メイジー・ダブズが開いた探偵事務所の最初の依頼人は、

妻の浮気を心配する中年の男性でした。

彼の妻は、毎週のように苗字が書かれていないお墓に参っていました。

名前だけの墓

そこから話はメイジーの過去に飛びます。

戦争の悲惨さ、軍隊の非常さ、悲しい別れ、心身の傷。

暗いことからも目をそらさずに書かれているけど

意外に明るい雰囲気に包まれています。

メイドだったメイジーの人生は劇的に変わっていきますが、

そこにはいつも彼女を支える魅力的な人々がいました。

メイジーが、運命にほんろうされながらも前向きな心を忘れず、

私立探偵になるというストーリーには夢中になるでしょう。

彼女の夜明けも近いようです。


☆ 優しさは強さだと思うあなたにオススメ ☆



夜明けのメイジー
夜明けのメイジー
ジャクリーン・ウィンスピア, 長野 きよみ
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ア行作家) | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
さよならの接吻
今日の一冊はアメリカミステリ

ジェフ・アボットの「さよならの接吻」です。

主人公はホイット・モーズリー

テキサス州の小さな町ポートレオの新米判事です。

普段は犯罪などない町なのでのんびりできるはずでしたが

ボートで発見された死体が上院議員の息子だということがわかります。

一見自殺のように見えるけれど、おかしな点も幾つか見つかります。

しかも被害者はアダルト・ビデオの男優をしていたこともわかり

スキャンダルに発展して、捜査に圧力がかかり始めるのです。



モーズリーは父親のコネで判事の職につきましたが、

それまではアイスクリーム屋などのアルバイトを転々としていました。

法廷でも法服の下はアロハシャツだし、

殺人現場にはサンダルで出かけるし、

女性にもてもてだし……。

これまでの判事とイメージが違いますね。


 <ハンサム判事の活躍に関心があるあなたにおすすめ >



さよならの接吻
さよならの接吻
ジェフ・アボット, 吉澤 康子
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ア行作家) | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
幻の女
今日の一冊はアメリカミステリ

ウィリアム・アイリッシュの「幻の女」です。


「夜は若く、彼も若かった。

が、夜の空気は甘いのに、彼の気分は苦かった」

これがこの作品の有名な書き出し。

ただ一人街をさまよっていた男は、

カボチャそっくりの奇妙な帽子をかぶった女に出会います。

男は気晴らしにその女を誘ってレストランで食事をし

カジノ座へ行き、酒を飲んで別れました。 

ところが帰ってみると、喧嘩別れをして家に残してきた妻が

彼のネクタイで絞殺されていたのです。

刻々と迫る死刑執行の日。

ところが、その日に出会ったはずの誰もが

彼は一人だったと言うのです。

唯一の目撃者である”幻の女”はどこに? 


☆タイムリミットというスリルを味わいたいあなたにおすすめ☆

幻の女
幻の女
ウイリアム・アイリッシュ, 稲葉 明雄
↑をクリックするとamazonの紹介ページに飛びます。

posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ア行作家) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-
サムシング・ブルー
今日の読み出したらやめられない一冊は、アメリカミステリ

シャーロット・アームストロングの

サムシング・ブルー」です。


恋心を抱いていたナンに、結婚したい人がいると言われて

ジョニーは落ち込みます。

しかも彼女の保護者である叔母が海外旅行中で不在のときに。

世間知らずの娘のあまりの性急さに疑問をいだいた

ジョニーといとこのドロシーが思いとどまるよう説得しても

効果はありません。

そんなとき、帰国した叔母が二人に秘密を打ち明けます。

ナンの父親は妻を殺した罪で服役していること、

そしてなんと、その事件の真犯人はナンの婚約者ディックだということ。

その直後叔母は不可解な死をとげます。

これはほうっておけないとディックの実家に乗り込む二人。

昔の事件を掘り起こして迷惑がられたり

ナンには嫉妬に狂った行為だと誤解されたりしながらも

財産目当てのディックの本性をあばこうと奮闘する二人ですが、

したたかなディックを相手にして

この結婚を阻止することができるのでしょうか。

二人の捨て身の反撃が始まります。


☆ どんでんがえしの連続技の妙味を味わいたいあなたにおすすめ ☆


サムシング・ブルー
サムシング・ブルー
シャーロット アームストロング, Charlotte Armstrong, 森 茂里
↑をクリックするとamazonの紹介ページに飛びます。
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ア行作家) | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) |-
グッドホープ邸の殺人
今日の一冊はイギリスミステリ

ブルース・アレグザンダーの「グッドホープ邸の殺人」です。


舞台は18世紀のロンドン

父親を失い天涯孤独の身の上となった13歳のジェレミー・プロクターは

悪い男に騙され、泥棒として連れて行かれた法廷で

盲目の治安判事サー・ジョン・フィールディングに出会いました。

判事の裁きで疑いが晴れた彼は、判事の助手として働くようになります。

ある日もたらされた発砲事件の知らせ。

ジェレミーは判事についてグッドホープ邸に急行し

変わり果てた卿を発見するのです。

明らかに自殺と思われていたこの事件は

彼の一言から殺人だということが判明します。

少年が判事の目となり、手足となって働き、事件を解決する時代ミステリ。


☆ ロンドンの活気と猥雑さに包まれ、

        歴史ミステリを堪能したいあなたに おすすめ ☆

グッドホープ邸の殺人
グッドホープ邸の殺人
ブルース アレグザンダー, Bruce Alexander, 近藤 麻里子

↑をクリックするとamazonの紹介ページに飛びます。

posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ア行作家) | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) |-
氷の天使
今日の一冊はキャロル・オコンネルの

「氷の天使」です。


キャシー・マロリーは

ニューヨーク市警重大犯罪課の巡査部長。

流れる金髪に鮮烈な美貌

そしてハッカーとして発揮される天才的頭脳を持っています。

ストリートチルドレンだった彼女は過酷な環境のせいで

人間としての感情が麻痺しているかのように

とにかく、冷たい。

彼女を愛情を持って根気強く育てた養父である刑事が殺される

という事件が起こり

早速独自の捜査を始めます。

何の感情も映し出さない冷たい瞳、

近寄りがたく容赦ない態度、

最もクールなヒロインの戦いが始まります。


☆ 胸に響く重厚なミステリが読みたい人におすすめ ☆


氷の天使
氷の天使
キャロル オコンネル, Carol O’Connell, 務台 夏子

↑をクリックするとamazonのページで本を購入することが出来ます。



posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ア行作家) | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) |-
隅の老人の事件簿
今日の一冊はバロネス・オルツィの

「隅の老人の事件簿」です。

女性記者がコーヒーショップで時々出会う、やせこけた老人は

チーズケーキとミルクを注文しておしゃべりしながら、

いつも手にした紐を結んだりほぐしたりしています。

どうやらこの老人、裁判を傍聴したり自分なりに調べたりして

迷宮入りの事件を解決しているようです。

その話しぶり、犯罪者を裁くよりほめたたえているようですが……。

最後にはあっと驚く結末が用意されています。


☆ 隅におけない鋭い推理を見てみたい人におすすめ ☆

隅の老人の事件簿
隅の老人の事件簿
バロネス・オルツィ, 深町 眞理子

 ↑をクリックするとamazonのページに行って本を購入することも出来ます。
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ア行作家) | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) |-
証拠が問題
証拠が問題
証拠が問題
藤村 裕美, ジェームズ・アンダースン, James Anderson


今日の一冊はイギリスミステリ

ジェームス・アンダースンの「証拠が問題」です。

出張中の夫が突然帰って来たのだが、様子がおかしい。

不安を裏づけるように、夫は殺人の容疑で逮捕されてしまいます。

さあ妻は夫の潔白を証明しようと頑張ります。

テンポのいい文章なのですいすい読みやすいです。

その後事件は二転三転……。

最後まで読み進めたときの 驚き!

これをぜひ味わってください。

そして「恐れ入りました。」 と言って下さい。


☆ 作者は有名ではなくても、とても面白い本格ミステリが読みたいという

  人におすすめ ☆ 


posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ア行作家) | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |-
百万に一つの偶然
今日の一冊は、イギリスミステリ

ロイ・ヴィカーズの「百万に一つの偶然」です。

ロンドン警察の迷宮課の事件簿。

まず犯人による犯行があり、

犯人しめしめ迷宮入りしたか、と思いきや

ひょっとした偶然から事件は解決へと……。

派手ではないけれど

読みだしたら止まらないはず。

☆ 捜査に偶然が味方したっていいんじゃないと思える人におすすめ ☆

百万に一つの偶然―迷宮課事件簿〈2〉
百万に一つの偶然―迷宮課事件簿〈2〉
ロイ ヴィカーズ, Roy Vickers, 宇野 利泰
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ア行作家) | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) |-