Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
本ブログ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
Recommend
【送料無料】MASTERキートン(7)完全版
【送料無料】MASTERキートン(7)完全版 (JUGEMレビュー »)
コミック界の至宝、完全版で再発掘!!名作との誉れ高い『MASTERキートン』が完全版として復活!!雑誌掲載時の4色2色ページを完全再現したA5判の豪華版。
Recommend
【送料無料】罪悪
【送料無料】罪悪 (JUGEMレビュー »)
この世には、裁くことのできない「罪」がある。高名な刑事事件弁護士が現実の事件に材を得て、様々な罪人たちの真実の姿を描き出す。『犯罪』の著者による至高の連作短篇集。
Recommend
【送料無料】アヒルキラー
【送料無料】アヒルキラー (JUGEMレビュー »)
美女ばかりを狙った連続殺人事件が発生。その顔はズタズタに切り刻まれ、死体の横には必ずアヒルのおもちゃがあった…。世にも残酷な難事件を追ううちに、新米刑事の赤羽健吾と、行動分析課の上司・八重樫育子は、57年前の未解決事件に行きつく。
Recommend
【送料無料】寝るだけ!骨盤枕ダイエット
【送料無料】寝るだけ!骨盤枕ダイエット (JUGEMレビュー »)
腰の下に枕を置いて寝るだけで、おなかがぺったんこになる超ラクやせダイエットを紹介。骨盤枕ダイエットの基本から、部位別ダイエット、不調に効く骨盤枕エクサを解説。骨盤枕ダイエット体験リポートも収録。
Recommend
【送料無料】ギャル曽根流大食いHAPPYダイエット
【送料無料】ギャル曽根流大食いHAPPYダイエット (JUGEMレビュー »)
半年で15キロ痩せた彼と結婚!大食いしても太らないギャル曽根レシピ92を大公開!ボリュームたっぷり、カロリー低め。満足するからリバウンドなし。
Recommend
BELOVED
BELOVED (JUGEMレビュー »)
GLAY, TAKURO, 佐久間正英
宝石箱のように色あざやかな美しい曲が揃った大事な大好きなアルバム。うれしいときも悲しいときも取り出して聴きたくなる。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
中庭の出来事

今日の1冊は、恩田陸の

『中庭の出来事』 です。


ホテルの中庭で開かれた、

こぢんまりとしたパーティの席上で、気鋭の脚本家が不可解な死を遂げます。

近くにいたのは、次の芝居のヒロイン候補である女優達たち。



この作品は、いわゆる入れ子構造になっています。

ちょっとややこしい。


今起きていることが、現実に起こっていることなのか?

劇の中のできごとなのか?

それとも、劇の中に出てくる劇の中のできごとなのか?

うかうかしていると、めまいがしてきそうです。


でも、何も考えずに、

めまいに身をゆだねるのも いいかもしれません。

あせらなくても最後には、すべてが明らかになるんですから。

と思ったら、またゆらゆらと……。


いつの間にか、あなたも舞台の上にいるかもしれませんよ。


☆ 舞台に立ってスポットライトを浴びてみたいあなたにおすすめ ☆


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

にほんブログ村 おすすめ本

JUGEMテーマ:読書
 



posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(あ行作家) | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ローリング邸の殺人

今日の1冊は ロジャー ・スカーレット の

『ローリング邸の殺人』 です。


ボストン警察のケイン警視は 病気で療養中に

ファラデーと名乗る男の訪問を受けます。

彼は友人の アーロン・ローリングが殺されるかもしれないと言うのです。


HELP ME と書かれた本が送られてきたことから、興味を持ったケイン警視は、

身分を伏せてローリング邸に間借りし、調査を始めるのでした。

ところがある夜、アーロンが急死してしまいます。


このローリング邸というのが、何とも暗いお屋敷なのです。、

そこに住んでいるのは、アーロン、アーロンの妻、義姉、執事。

彼らは ほとんど出かけもせず、訪ねてくるのは主治医くらいのもの。


はっきりしない証言に手を焼き、謎は深まるばかりのように見える中、

ついに つきとめた真相は、とても意外なものでした。


※ ロジャー・スカーレットは、二人の女性による合作のペンネームです。


☆ 館モノをじっくり堪能したいあなたにおすすめ ☆


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:読書

 
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(サ行作家) | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |-
「まんまこと」 畠中恵
今日の1冊は、畠中恵の

『まんまこと』 です。


畠中さんといえば、『しゃばけ』 シリーズが人気です。

この作品も時代ものですが、別のシリーズ。妖(あやかし)は出てきません。


主人公は、町名主の息子・麻之助です。

江戸時代に、近所のもめごとを裁くのは名主の仕事だったようです。

お白州ならぬ、屋敷の玄関で仲裁をしたとか。


今回、ある事情で麻之助が名主の名代を務めることになり、

持ち込まれる事件を調べたり、解決していく話です。


ところで、16歳までは真面目で評判が良かった麻之助は、

今では、とんだお気楽者と言われています。

彼はどうして変わってしまったのか……?

いったい何があったのか……?

おいおいわかってきます。


その辺の事情は なかなかに切ないのですが、

彼を取り巻く人間関係にほっとして、温かい気持ちになる、時代ミステリです。


☆江戸・人情・ミステリ というキーワードに魅かれるあなたにおすすめ ☆



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:読書





   
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(は行作家) | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) |-
危険がいっぱい

今日の1冊は デイ・キーンの

『危険がいっぱい』 です。


はずみで妻を殺してしまった 若き弁護士マークは、

警察だけでなく、ギャングの大物である 妻の兄にも追われることになり

西海岸を出て シカゴまで逃げてきました。


彼は、ぼろぼろになってたどりついた救済院で

慈善活動中の 美しく魅力的な未亡人のメイに出会います。


彼女に運転手として雇われることになり、まんざらでもないマーク。

「自分に気があるんじゃないだろうか?」


ところが、連れて行かれた屋敷は、すべての窓に板が打ちつけられています。

いかにも怪しい……。


これからどうなるのかと、色々なことを想像しますが

予想できない 大どんでんがえしが待っていました。


アラン・ドロン主演で映画化されたので、このタイトルになったんですね。



☆ ちょっと昔のアメリカン・ノワールが好きなあなたに おすすめ ☆
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(カ行作家) | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
支那そば館の謎

今日の1冊は、北森鴻の

『支那そば館の謎』です。


京都の大悲閣千光寺で寺男をしている有馬次郎は、じつは元怪盗。

みやこ新聞の自称エース、折原けいがいつも厄介事を持ち込んでくるので

仕方なく、裏の人脈や、技術を使って謎を解くことになります。


話を聞いただけで 謎解きのヒントをくれる住職や、

税金泥棒と言われる碇屋警部など、

個性的なキャラクターが登場しますが、

なかでも、大日本バカミス作家協会賞受賞者のミステリ作家の、ムンちゃんこと水森堅は、

愛すべき恥知らずです(笑)


京都の伝統や習慣が謎解きのポイントになっている、コメディタッチのミステリ。

美味しい料理もたくさん出てきます。


☆ 何かあるたびに、「そうだ京都行こう!」と思うあなたに おすすめ ☆


( 大悲閣千光寺は実在します。渡月橋から川沿いに歩いて15分、息が切れるくらいの坂を登ったところにあり、本堂からの眺めは絶景です。)
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(か行作家) | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |-
殺人遊園地へいらっしゃい

今日の1冊はクリス・グラベンスタインの

『殺人遊園地へいらっしゃい』 です。


何というタイトルでしょう。

けれども、ホラーでもないし、ましてやスプラッタでもありません。

ちゃんとした警察ミステリです。


シーへイヴンは、夏になると環境客が押し寄せる、海辺のリゾート地。

ところがある朝、遊園地で 大富豪が死体で発見されます。


事件を追うのは、二人の警官。

超カタブツのシーパク巡査と、夏季の臨時警官、ダニーです。


女の子と遊びたいばかりの、今どきの若者 ダニーは、

文句たらたらで シーパクについていきます。

融通のきかないシーパクが、

何かというと ブルース・スプリングスティーン の歌を引用するところが面白い。


ダニーが語り手なので、前半は軽い調子です。

ところがところが、終盤はどんでん返しの連続。


最後にはシーパクの秘密もわかり、グッときました。

アンソニー賞を射止めた良作。


☆ ブルース・スプリングスティーンが好きな あなたにおすすめ ☆ 
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(カ行作家) | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ウルチモ・トルッコ犯人はあなただ!
今日の1冊は

深水 黎一郎の『ウルチモ・トルッコ犯人はあなただ!』です。


これは、ちょっと珍しいミステリです。

作者は、これまで不可能だと言われてきた、

“読者が犯人” というトリックに挑戦しました。


新聞に連載小説を発表している私のもとに 一通の手紙が届きます。

その手紙には、「意外な犯人」モノの小説案を 高値で買ってほしい

と書かれていました。

差出人はこのトリックを、「命と引き換えにしても惜しくない」と言うのですが……。


トリックがあきらかになるまでが、もどかしかったのですが、

作者のチャレンジ精神は評価できます。

読んだあと あなたは、

「よくやった!」と思うでしょうか?

「……」と黙ってしまうでしょうか?


☆ 究極のトリックを自分の目で確かめてみたいあなたに おすすめ ☆


JUGEMテーマ:読書
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(は行作家) | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
メールオーダーはできません

今日の1冊は、レスリー・メイヤーの

『メールオーダーはできません』 です。


ルーシーは 大工の夫と3人の子供の世話をしながら、

通信販売会社の夜間オペレーターとして 働いています。


ある日突然、通信販売会社の経営者が亡くなるのですが、

ルーシーは 事件ではないかと 気になって仕方ありません。


夫が止めるのも聞かず、地元の巡査を巻き込んで、

犯人探しに乗り出します。

ところが、その巡査が事故で重体になり

いよいよ大変なことに……。


クリスマスの準備リストの長さに ため息をつくところなど、

どこの国の主婦も、忙しいのは一緒のようです。


メイン州の田舎が舞台の、コージー・ミステリです。


☆アメリカの暮らしを味わいたいあなたに、おすすめ ☆

JUGEMテーマ:読書 
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(マ行作家) | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-
アリア系銀河鉄道
今日の1冊は、柄刀一の

『アリア系銀河鉄道』です。


紅茶を深く愛する科学者、宇佐見博士の前に、

突然、人間の言葉を話す白猫が現れました。

それが 時空を超える旅の始まりでした。

博士は、どこか別の世界に飛んで行って

謎を解いて、戻ってきます。

ノアの箱舟に乗りこんで、生命進化の過程を目撃したり、

銀河鉄道を旅したり。

不思議な世界の、ファンタジー・ミステリ。


☆ 現実を忘れて、不思議な世界に行ってみたいあなたにおすすめ ☆


JUGEMテーマ:読書






posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(た行作家) | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) |-
天外消失

今日の1冊は、アンソロジー

『天外消失』です。


30数年前に出された 『世界ミステリ全集』全18巻の最終巻を飾った名アンソロジー

 『37の短篇』の復刻版です。

その中から、他の短篇集や傑作集に収録されていない作品を選びだし、

14編になりました。


密室不可能犯罪の極致ともいわれる、クレイトン・ロースンの 「天外消失」をはじめ、

ブレット・ハリデイの名作 「死刑前夜」、

メグレ警部登場のジョルジュ・シムノン 「殺し屋」、

スパイ小説の巨匠アンブラーの本格ミステリ 「エメラルド色の空」など

バラエティーに富んだ短編集。


最初の話は 
「ジャングル探偵ターザン」

なんとターザンが主役ですよ〜。


寒い日は、温かい飲み物とミステリを手元において

ゆったりすごすのもいいですね。


☆ 色々なミステリを堪能したい、欲張りなあなたにオススメ ☆



 



 

JUGEMテーマ:読書
 

posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ・アンソロジー | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |-