Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
本ブログ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
Recommend
【送料無料】MASTERキートン(7)完全版
【送料無料】MASTERキートン(7)完全版 (JUGEMレビュー »)
コミック界の至宝、完全版で再発掘!!名作との誉れ高い『MASTERキートン』が完全版として復活!!雑誌掲載時の4色2色ページを完全再現したA5判の豪華版。
Recommend
【送料無料】罪悪
【送料無料】罪悪 (JUGEMレビュー »)
この世には、裁くことのできない「罪」がある。高名な刑事事件弁護士が現実の事件に材を得て、様々な罪人たちの真実の姿を描き出す。『犯罪』の著者による至高の連作短篇集。
Recommend
【送料無料】アヒルキラー
【送料無料】アヒルキラー (JUGEMレビュー »)
美女ばかりを狙った連続殺人事件が発生。その顔はズタズタに切り刻まれ、死体の横には必ずアヒルのおもちゃがあった…。世にも残酷な難事件を追ううちに、新米刑事の赤羽健吾と、行動分析課の上司・八重樫育子は、57年前の未解決事件に行きつく。
Recommend
【送料無料】寝るだけ!骨盤枕ダイエット
【送料無料】寝るだけ!骨盤枕ダイエット (JUGEMレビュー »)
腰の下に枕を置いて寝るだけで、おなかがぺったんこになる超ラクやせダイエットを紹介。骨盤枕ダイエットの基本から、部位別ダイエット、不調に効く骨盤枕エクサを解説。骨盤枕ダイエット体験リポートも収録。
Recommend
【送料無料】ギャル曽根流大食いHAPPYダイエット
【送料無料】ギャル曽根流大食いHAPPYダイエット (JUGEMレビュー »)
半年で15キロ痩せた彼と結婚!大食いしても太らないギャル曽根レシピ92を大公開!ボリュームたっぷり、カロリー低め。満足するからリバウンドなし。
Recommend
BELOVED
BELOVED (JUGEMレビュー »)
GLAY, TAKURO, 佐久間正英
宝石箱のように色あざやかな美しい曲が揃った大事な大好きなアルバム。うれしいときも悲しいときも取り出して聴きたくなる。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
バイバイ、エンジェル:笠井潔

作者のデビュー作であり、矢吹駆シリーズの1作目。

舞台は1970年代のパリ。

まるで海外作品のような雰囲気です。


ヴィクトル・ユゴー街のアパルトマンの 広間に横たわっていたのは、

首なし死体。

こうして ラルース家を巡る連続殺人事件が 幕を開けます。

司法警察の警視モガール の娘ナディアは、

現象学を駆使する 奇妙な日本人矢吹駆とともに 事件の謎を追います。


ナディアは推理マニアの典型のような推理を披露。

犯人はなぜ死体の首を切り取らねばならなかったのか?という点についても。

それに対して矢吹駆の推理法は 現象学の「本質直感」に基づくものです。

殺人を起こさせた思想について語り、真犯人と対決します。


陰鬱な灰色の街の何もない寒い部屋で、

一日一食という修道士のような暮らしをする矢吹駆の姿が

とても印象的でした。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
JUGEMテーマ:読書 



posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(か行作家) | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |-
支那そば館の謎

今日の1冊は、北森鴻の

『支那そば館の謎』です。


京都の大悲閣千光寺で寺男をしている有馬次郎は、じつは元怪盗。

みやこ新聞の自称エース、折原けいがいつも厄介事を持ち込んでくるので

仕方なく、裏の人脈や、技術を使って謎を解くことになります。


話を聞いただけで 謎解きのヒントをくれる住職や、

税金泥棒と言われる碇屋警部など、

個性的なキャラクターが登場しますが、

なかでも、大日本バカミス作家協会賞受賞者のミステリ作家の、ムンちゃんこと水森堅は、

愛すべき恥知らずです(笑)


京都の伝統や習慣が謎解きのポイントになっている、コメディタッチのミステリ。

美味しい料理もたくさん出てきます。


☆ 何かあるたびに、「そうだ京都行こう!」と思うあなたに おすすめ ☆


( 大悲閣千光寺は実在します。渡月橋から川沿いに歩いて15分、息が切れるくらいの坂を登ったところにあり、本堂からの眺めは絶景です。)
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(か行作家) | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |-
アンノウン

今日の1冊は、古処誠二の

『アンノウン』 です。


アンノウンとは、識別不能機のこと。


自衛隊レーダー基地内に盗聴器が仕掛けられる、という事件が起きます。

最高レベルで機密保持が行われている場所に、

誰がどうやって、何のために仕掛けたのか?


調査するのは、防衛部調査班の朝香二尉と、補佐役に任命された野上三曹。


コーヒーばかり飲んでいるが、頭が切れる二枚目の朝香二尉と、

若い野上三曹のコンビは

どこかひょうひょうとして、温かい雰囲気です。


作者が元自衛官ということで、

普段、見ることのできない自衛隊の内側を知ることができる、珍しいミステリ。


今は戦争に関する純文学を書かれている古処さんの デビュー作で、

第14回メフィスト賞を受賞しました。



☆ 自衛隊の日常を知りたいあなたにオススメ ☆


JUGEMテーマ:読書 
 
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(か行作家) | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) |-
北村薫のミステリー館
 
今日の1冊は

北村薫の 『北村薫のミステリー館』 です。


ミステリ界きっての読書の達人である、北村薫さんが選んだ

「とっておきの名品」18編。


表紙のように、ミステリー館とは、まるで ミステリー缶。

缶詰のように、美味しい物がたくさん詰まっています。


こちらからどうぞ…… きいろとピンク/夜枕合戦・枕の中の行軍 

こわいものみたさの間…… 犬/虎/紳士/クレイヴァリング教授の新発見/息子

ミステリーの大広間…… 告げ口/二世の契り/フレイザー夫人の消失/二十三号室の謎/わたしの本/盗作の裏側

不思議な書庫……  神かくし/「少量法律助言者」/本が怒った話

言葉の密室……  契恋・桃夭楽/滝/バトン・トゥラワー

対談…… 宮部みゆき


奇妙な話、ぞっとする話、笑ってしまう話、本格ミステリと、

本当に 色々な味わいがあて、びっくり。


最後の宮部さんとの対談は、作品一つ一つについての解説にもなっているという

よくできた1冊でした。


☆ 色々な味を試したいと言う欲張りなあなたに おすすめ ☆

posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(か行作家) | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-
信長の棺
今日の1冊は、加藤廣の

『信長の棺』です。

「信長公記」の作者、太田牛一がつかんだ驚愕の真実とは!

週刊誌の見出しみたいですね(笑)

信長を心から慕う太田牛一は、秀吉が天下を取ったのちも生き続け、

信長の伝記を書き続けます。

そして、本能寺の変で亡くなったはずなのに、

信長の遺骸がなぜ見つかっていないのか?

という謎をとことん探ります。

本能寺の変でいったい何があったのか。

彼の人生をかけた謎ときは、うまくいくのでしょうか?


☆ 信長がけっこう好きかも、というあなたにおすすめ ☆


JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(か行作家) | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) |-
首断ち六地蔵
今日の1冊は霞流一の

『首断ち六地蔵』です。


悪質なカルト集団を取り締まる 特殊法人・寺社捜査局に勤める魚間岳士は、

豪凡寺という寺の 六地蔵の首が持ち去られた事件を 追っていました。

ところが、お地蔵様の首が発見されるたびに、おかしな殺人事件が起こります。

魚間は、豪凡寺の住職・風峰らと共に 真相を推理し

事件の背後に 新興宗教「浄夢の和院」の教祖・日羅薙月獏がいることを突き止めます。

月獏の仕掛けた謎を、魚間たちは解くことができるのでしょうか。


一つの短編に、一つの殺人事件が描かれていて、

趣向を凝らしたバカバカしい推理がたっぷり楽しめます。

それはもう、お腹一杯、というくらいまで。

全編にわたってどんでん返しの連続ですが、

さらに最後にはとどめ、と言った感じのどんでん返しが決まります。


☆ バカバカしさに腹を立てないあなたにおすすめ ☆


 

JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(か行作家) | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) |-
硝子のハンマー
今日の一冊は貴志祐介の
硝子のハンマー』です。

12階建てのビル最上階でにある介護ビジネス会社「ベイリーフ」。

厳重なセキュリティ網を破り、社長が撲殺されます。

エレベーターには暗証番号、廊下には赤外線監視カメラ、

ビルの窓ははめ込み式で、階段室の扉はオートロック、

ビルの出入り口では警備員が監視カメラの映像をチェックしています。

続き扉の向こうで仮眠をとっていた専務・久永が逮捕されるのですが、不明な点ばかり。

若き女性弁護士・純子と防犯コンサルタント・榎本は協力し、

鉄璧と思える防犯設備をくぐり抜けるための仮説を立てていきます。

つき抜けた推理をする純子と、論理的な榎本がいいコンビです。

☆ セキュリティに守られた密室の謎を解きたいあなたにおすすめ 



硝子のハンマー
硝子のハンマー
貴志 祐介
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(か行作家) | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) |-
猫丸先輩の空論
今日の1冊は倉知淳の
猫丸先輩の空論』です。

小がらで年齢不詳の童顔で、

子猫のようにまん丸の大きな目をして、

柔らかくて長い前髪をふんわり垂らした猫丸先輩が、

今日も日常の謎を解きます。

ベランダに毎朝決まって置かれるペットボトル、

交通事故現場に集結させられた無線タクシー、

密室状態のテントの中で割れていた7個のスイカ 、などなど。

不可解な出来事が起こる現場に、なぜかいつも居合わせる猫丸先輩。

そしてサラッと謎解きを披露したかと思うと、

「本当かどうかわかんないけどね、こんな考え方もできるよ」

とみんなを煙に巻いて去っていくのです。

☆ 猫丸先輩に丸め込まれたいあなたにオススメ 


猫丸先輩の空論
猫丸先輩の空論
倉知 淳
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(か行作家) | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |-
インディゴの夜
今日の一冊は、加藤実秋の
インディゴの夜』です。

「クラブみたいなハコで、DJやダンサーみたいな男の子が接客してくれるホストクラブがあればいいのに」

女性ライター・高原晶が、大手出版社の編集者・塩谷に漏らした何気ない一言。

そこからすべてが始まりました。

謎めいた美形の敏腕マネージャー・憂夜の助力を得て

二人は一風変わったホストクラブ“club indigo”を渋谷の片隅に開きます。

あるとき、常連の客が殺され店のナンバーワンに疑いがかかるという大事件がおこります。

巨大アフロがトレードマークの気のいい青年、ジョン太。

プロのキックボクサーでもある日米ハーフの巨漢、アレックス。

ファッションセンス抜群で利発な犬マン。

晶は、個性豊かなホスト探偵団と共に真犯人捜しに奔走します。

☆ 部活みたいな健全なホストクラブが見てみたいあなたにおすすめ 


インディゴの夜
インディゴの夜
加藤 実秋
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(か行作家) | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |-
凶笑面
今日の一冊は

北森鴻の短編集「凶笑面」です。


クールビューティである蓮丈那智は異端の民俗学者と呼ばれています。

助手の内藤三國(みくに)と共に、フィールドワークにでかけますが、

その行く先々で、なぜか事件が待っています。

ある地方に昔から伝わる風習があったら

その意味を、仮説を立てたのち証明付けようとする民俗学。

殺人事件を解き明かすミステリと

どこか重なり合います。

中性的な那智と気弱なワトソン役の三國は、

なかなかいいコンビです。


☆ 蘊蓄が多いのって結構好きなんだ、というあなたにオススメ 



凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉
凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉
北森 鴻
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(か行作家) | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-