Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
本ブログ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
Recommend
【送料無料】MASTERキートン(7)完全版
【送料無料】MASTERキートン(7)完全版 (JUGEMレビュー »)
コミック界の至宝、完全版で再発掘!!名作との誉れ高い『MASTERキートン』が完全版として復活!!雑誌掲載時の4色2色ページを完全再現したA5判の豪華版。
Recommend
【送料無料】罪悪
【送料無料】罪悪 (JUGEMレビュー »)
この世には、裁くことのできない「罪」がある。高名な刑事事件弁護士が現実の事件に材を得て、様々な罪人たちの真実の姿を描き出す。『犯罪』の著者による至高の連作短篇集。
Recommend
【送料無料】アヒルキラー
【送料無料】アヒルキラー (JUGEMレビュー »)
美女ばかりを狙った連続殺人事件が発生。その顔はズタズタに切り刻まれ、死体の横には必ずアヒルのおもちゃがあった…。世にも残酷な難事件を追ううちに、新米刑事の赤羽健吾と、行動分析課の上司・八重樫育子は、57年前の未解決事件に行きつく。
Recommend
【送料無料】寝るだけ!骨盤枕ダイエット
【送料無料】寝るだけ!骨盤枕ダイエット (JUGEMレビュー »)
腰の下に枕を置いて寝るだけで、おなかがぺったんこになる超ラクやせダイエットを紹介。骨盤枕ダイエットの基本から、部位別ダイエット、不調に効く骨盤枕エクサを解説。骨盤枕ダイエット体験リポートも収録。
Recommend
【送料無料】ギャル曽根流大食いHAPPYダイエット
【送料無料】ギャル曽根流大食いHAPPYダイエット (JUGEMレビュー »)
半年で15キロ痩せた彼と結婚!大食いしても太らないギャル曽根レシピ92を大公開!ボリュームたっぷり、カロリー低め。満足するからリバウンドなし。
Recommend
BELOVED
BELOVED (JUGEMレビュー »)
GLAY, TAKURO, 佐久間正英
宝石箱のように色あざやかな美しい曲が揃った大事な大好きなアルバム。うれしいときも悲しいときも取り出して聴きたくなる。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
天外消失

今日の1冊は、アンソロジー

『天外消失』です。


30数年前に出された 『世界ミステリ全集』全18巻の最終巻を飾った名アンソロジー

 『37の短篇』の復刻版です。

その中から、他の短篇集や傑作集に収録されていない作品を選びだし、

14編になりました。


密室不可能犯罪の極致ともいわれる、クレイトン・ロースンの 「天外消失」をはじめ、

ブレット・ハリデイの名作 「死刑前夜」、

メグレ警部登場のジョルジュ・シムノン 「殺し屋」、

スパイ小説の巨匠アンブラーの本格ミステリ 「エメラルド色の空」など

バラエティーに富んだ短編集。


最初の話は 
「ジャングル探偵ターザン」

なんとターザンが主役ですよ〜。


寒い日は、温かい飲み物とミステリを手元において

ゆったりすごすのもいいですね。


☆ 色々なミステリを堪能したい、欲張りなあなたにオススメ ☆



 



 

JUGEMテーマ:読書
 

posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ・アンソロジー | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |-
密室殺人傑作選
今日の1冊は、密室がテーマのアンソロジ−、

H・S・サンテッスン編 「密室殺人傑作選」です。


世界初の推理小説と呼ばれるのは

エドガー・アラン・ポーの『モルグ街の殺人』ですが、

これも密室殺人でした。

以来、密室という言葉に魅了された読者がどれだけいたことか……。


ここではカー、クイーン、ロースン、チェスタトン、ホックなどの作品を集め、

その内容は、古典からパロディ、ユーモア、SF、歴史と、

バラエティにとんだ密室を楽しむことができます。


☆ 不可能犯罪と聞くと目の色が変わるあなたにオススメ 



密室殺人傑作選
密室殺人傑作選
ハンス・ステファン サンテッスン, Hans Stefan Santesson, 山本 俊子


 お風呂で読む文庫

posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ・アンソロジー | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-