Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
本ブログ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
Recommend
【送料無料】MASTERキートン(7)完全版
【送料無料】MASTERキートン(7)完全版 (JUGEMレビュー »)
コミック界の至宝、完全版で再発掘!!名作との誉れ高い『MASTERキートン』が完全版として復活!!雑誌掲載時の4色2色ページを完全再現したA5判の豪華版。
Recommend
【送料無料】罪悪
【送料無料】罪悪 (JUGEMレビュー »)
この世には、裁くことのできない「罪」がある。高名な刑事事件弁護士が現実の事件に材を得て、様々な罪人たちの真実の姿を描き出す。『犯罪』の著者による至高の連作短篇集。
Recommend
【送料無料】アヒルキラー
【送料無料】アヒルキラー (JUGEMレビュー »)
美女ばかりを狙った連続殺人事件が発生。その顔はズタズタに切り刻まれ、死体の横には必ずアヒルのおもちゃがあった…。世にも残酷な難事件を追ううちに、新米刑事の赤羽健吾と、行動分析課の上司・八重樫育子は、57年前の未解決事件に行きつく。
Recommend
【送料無料】寝るだけ!骨盤枕ダイエット
【送料無料】寝るだけ!骨盤枕ダイエット (JUGEMレビュー »)
腰の下に枕を置いて寝るだけで、おなかがぺったんこになる超ラクやせダイエットを紹介。骨盤枕ダイエットの基本から、部位別ダイエット、不調に効く骨盤枕エクサを解説。骨盤枕ダイエット体験リポートも収録。
Recommend
【送料無料】ギャル曽根流大食いHAPPYダイエット
【送料無料】ギャル曽根流大食いHAPPYダイエット (JUGEMレビュー »)
半年で15キロ痩せた彼と結婚!大食いしても太らないギャル曽根レシピ92を大公開!ボリュームたっぷり、カロリー低め。満足するからリバウンドなし。
Recommend
BELOVED
BELOVED (JUGEMレビュー »)
GLAY, TAKURO, 佐久間正英
宝石箱のように色あざやかな美しい曲が揃った大事な大好きなアルバム。うれしいときも悲しいときも取り出して聴きたくなる。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
荒野のホームズ

今日の1冊は、スティーヴ・ホッケンスミスの

『荒野のホームズ』です。


西部の荒野にも、ホームズの魂を持った男がいた、という話。


字が読めない兄オールド・レッドは、

弟ビッグ・レッドに ホームズの活躍が載った雑誌を読んでもらって、

すっかりホームズに憧れていました。


彼らはカウボーイ。

雇われた牧場が なんだか怪しいと思い始めていたところに、

牛に踏みにじられた死体が見つかります。


論理的思考で真相を暴こうとする兄、

協力する弟。


荒くれ男ばかりの中で、二人は無事でいられるのでしょうか?

ホームズとワトソンのように、兄弟の固い絆を生かして、謎を解けるでしょうか?


☆ テキサス・バーガーが好きなあなたに おすすめ ☆


JUGEMテーマ:読書



posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ハ行作家) | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スリー・パインズ村の不思議な事件
今日の1冊は、ルイーズ・ペニーの

『スリー・パインズ村の不思議な事件』です。


舞台は、カナダのケベック州にある小さな村、スリー・パインズ。

時は、感謝祭の週末の朝。

家に鍵をかける習慣さえない、のどかな土地なのに、

森の中で 元は教師だった ジェーンの死体が発見されます。

胸には、矢が刺さったような傷がありました。

一見、ハンターが獲物と間違って 矢を射たようにも見えましたが

凶器の矢は どこにも見当たりませんでした。

ガマシュ警部は 顔見知りによる殺人事件として 捜査を始めます…。


カナダが生んだ 大型新進女流本格ミステリー作家、ルイーズ・ペニーのデビュー作です。

仕事には厳しいが、物静かで情に厚いいガマシュ警部、

警部を敬愛する、まじめなボーヴォワール警部補、

上昇志向が強く、自分勝手な新人ニコル刑事らが捜査に当たります。


一方、ジェーンの年の離れた友人クララは深い悲しみに沈みますが、

ジェーンが隠していた部屋や、彼女が描いた絵を手がかりに、

彼女なりに真実に近づいていきます。


芸術家が多く住み、村人も個性的な人物が多い村の雰囲気がじっくり描かれ、

村の景色の描写も素晴らしく、ヨーロッパの映画を思わせる作品です。


☆ 謎解きだけではつまらない、という欲張りなあなたにおすすめ ☆




JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ハ行作家) | 22:52 | comments(0) | trackbacks(1) |-
チョコチップ・クッキーは見ていた
今日の1冊は、ジョアン・フルークの

レシピつきコージー・ミステリ、

『チョコチップ・クッキーは見ていた』 です。


ハンナはお菓子作りの腕をいかして、世界一おいしいクッキーのお店を経営しています。

店は評判もよく、地元の人たちのくつろぎの場として愛されていました。

そんなハンナの悩みは「結婚しなさい」とうるさい母親と、

美人でやや自分勝手な妹、アンドリア。

そんなある日、店の裏手で牛乳配達人の死体が発見されます。

ハンナは、アンドリアの夫で保安官助手のビルを手助けするはめになり、

自慢のクッキーを手に町の人たちへの聞きこみを始めます。

おいしく焼けたクッキーの前ではだれしも口が軽くなるのです。


読んでいるうちに、なぜか甘いクッキーの香りがしえきます。

ダイエット中の方はご用心!

☆ コーヒーとクッキーを食べながら本を読みたいあなたにおすすめ ☆

 


JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ハ行作家) | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
その死者の名は
きょうの1冊は、エリザベス・フェラーズの

『その死者の名は』です。


深夜、人を轢いてしまったと、警察署にアンナ・ミルン夫人が飛び込んできました。

死んだ男は泥酔して、道の真ん中で寝込んでしまったらしいのです。

ただ奇妙なことにこの男、どの酒場にも寄った形跡がなく、酒壜も持ってはいませんでした。

ミルン夫人は被害者に見覚えが無いと証言しますが、

被害者のポケットからはミルン夫人の住所が書かれた紙切れが見つかります。

この男はいったい誰なのか?

本当にただの事故なのか?

不明なことが多すぎます。

首を傾ける警察の前にしゃしゃり出たのは、

好奇心旺盛なトビー・ダイクとその相棒のジョージ。

この名コンビが活躍する第一作目の作品です。


☆ とぼけた探偵も好きだよ、というあなたおすすめ ☆



JUGEMテーマ:読書
 
評価:
エリザベス フェラーズ
東京創元社
---
(2002-08)

posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ハ行作家) | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-
手紙と秘密
今日の1冊は、

キャロリン・G・ハート の 『手紙と秘密』 です。


終戦まぎわの真夏のアメリカ。

13歳の少女グレッチェンは、人手不足のため、憧れていた新米記者として働くことに。

ある日、友人バーブの母が殺され、その夫が容疑者として指名手配されます。

グレッチェンは 遠くに働きに行っている母の代わりにドイツ系の祖母の店を手伝いながら

懸命に事件を調べるのですが、

周りからは冷たい目で見られ、孤立していきました。


時は過ぎ、年取ったグレッチェンに届いた1通の手紙。

物語はここから始まります。

現在、過去の回想、そして手紙。うまい構成です。

ついにグレッチェンが会いに行った 手紙の差出人は誰だったのか……、

そして事件の真相は……。

読みごたえがあります。

☆ たまには腰をすえて、じっくりミステリを楽しみたいあなたに おすすめ ☆

 

JUGEMテーマ:読書
 
評価:
キャロリン・G. ハート
早川書房
¥ 840
(2006-02)
Amazonランキング: 218409位
Amazonおすすめ度:
60年前のアメリカ

posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ハ行作家) | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
魔王の足跡
今日の1冊はノーマン・ベロウの『魔王の足跡』です。

グレゴリーは叔父さんの家に泊まった翌朝、雪の中にひづめの足跡を発見します。

その足跡は、まっさらな雪道の真ん中から突然始まっていました。

近所の家を一軒一軒訪れ、生垣にとびのり、塀を通りぬけ、屋根に登り……。

街の人々が足跡をたどっていくと、野原に立つ一本のオークの木にたどりつきます。

そこには、大枝からぶら下がった男の死体がありました。

そこでぷっつりと途絶えた足跡はいったい何を表しているのか?

叔父さんが見た青い魔女とは?

一面の雪景色とイギリスの魔女伝説が独特な雰囲気をかもしだす作品。


☆ 不可能犯罪を愛するあなたにおすすめ 


魔王の足跡 世界探偵小説全集 (43)
魔王の足跡 世界探偵小説全集 (43)
ノーマン・ベロウ
JUGEMテーマ:読書

posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ハ行作家) | 18:14 | comments(0) | trackbacks(1) |-
毒入りチョコレート事件
今日の1冊はアントニイ・バークリーの
毒入りチョコレート事件』です。

ロジャー・シェリンガムが会長を務める「犯罪研究会」。

そこに入会を許されるのは、犯罪学にくわしく、それを応用する知性を持ち合わせた人間だけ。

ある日、ゲストとして招かれたスコットランド・ヤード警部モレスビーは、

未解決の『毒入りチョコレード事件』について報告します。

あるクラブで、チョコレート製造会社からユーステス卿あてに送られてきた新製品を

友人のベンディックス氏が偶然譲り受け、それを口にした彼の妻が死亡。

チョコレートには、毒薬が入れられていました。

ところがチョコレートが会社から送られた様子はなく、警察の捜査も暗礁に乗り上げます。

それを聞いた「犯罪研究会」の会員は、それぞれ事件の真相を推理し発表します。

一つの事件に対して、次々に幾つもの解決編が示されるというミステリ史上有名な作品。

☆ 結末が二転三転すればするほど楽しいあなたにおすすめ 

毒入りチョコレート事件
毒入りチョコレート事件
アントニイ・バークリー
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ハ行作家) | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |-
サム・ホーソーンの事件簿(1)
今日の一冊はエドワード・D.ホックの

サム・ホーソーンの事件簿(1)です。

老境に達したサム・ホーソーンは、訪ねてきた友人にお酒をすすめながら

過去にあった奇妙な事件の数々を話して聞かせます。

サムはノースモントの町で長い間医者を続けるうちに、

たびたび不可能犯罪にでくわしたのです。

たとえば、「投票ブースの謎」

三方が壁、残る一方はカーテンが引かれ足から下が見えている投票ブースで、

人が刺し殺された事件。

ブースに近づいた者は誰もいないし、凶器も見つかりませんでした。

犯人はどこにいたのか。凶器はどこへ消えたのか。

こういうミステリの短編が幾つか集められています。

事件簿としてはすでに第4集まで出ています。人気です。

待ち時間に少しずつ読むのにぴったりですね。


☆ 禁酒法時代の、ちょっとのどかな謎解きを味わいたい人におすすめ 


サム・ホーソーンの事件簿〈1〉
サム・ホーソーンの事件簿〈1〉
エドワード・D. ホック, Edward D. Hoch, 木村 二郎
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ハ行作家) | 16:48 | comments(1) | trackbacks(0) |-
伯母殺人事件
今日の1冊はイギリス・ミステリ、

リチャード・ハルの「伯母殺人事件」です。

両親を早くに亡くしたエドワードは、遺産の管理をする伯母と共に、

ウェールズの田舎で暮らしていました。

伯母が生きている限り、この退屈な田舎から離れる事ができないし、

うるさい小言からも逃れることはできないのです。

これは、ばれないように伯母をうまく始末できないだろうかと、

完全犯罪をたくらみ、実行しようとするエドワードの手記です。

愚かで怠け者の甥は、したたかな伯母をうまくやっかい払いできるのでしょうか?

ひねりのきいた逸品。

☆ どこからか遺産がころがりこんでくることを想像するあなたにおすすめ 


伯母殺人事件
伯母殺人事件
リチャード・ハル, 大久保 康雄

posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ハ行作家) | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ダ・ヴィンチ・コード
今日の一冊は世界的ベスト・セラーとなった

ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」です。



ルーブル美術館で館長が殺され、ダイイングメッセージが暗号で残されてい

るところからこの話は始まります。

館長と会うことになっていた象徴学者ロバート・ラングドンと、館長の孫娘

の暗号解読者ソフィー・ヌブーは、殺人事件に隠された謎から始めて、

ついには西洋文化の大いなる謎までを解きほぐしていきます。

多分ほとんどの日本人には余り縁がない、宗教的なこともたくさん出てきま

ところが知らないが故に、驚くこと間違いなし。

レオナルド・ダ・ヴィンチについてもこれまでと見方が変わります。

作者の独自の解釈は、結構衝撃的です。


☆ 歴史も宗教も詳しくないけど楽しみたい、
      スリリングな読書体験をしたいという人におススメ 




この壮大なミステリが映画化されました。

「ビューティフル・マインド」でアカデミー賞監督賞を受賞した、ロン・ハワードが監督し、

主人公ラングドンを演じるのは名優トム・ハンクス。

共演は「アメリ」「ロングエンゲイジメント」のオドレイ・トトゥ、「レオン」のジャン・レノ。

2006年5月20日、世界同時公開です。



ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダン・ブラウン, 越前 敏弥
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(ハ行作家) | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) |-