Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
本ブログ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
Recommend
【送料無料】MASTERキートン(7)完全版
【送料無料】MASTERキートン(7)完全版 (JUGEMレビュー »)
コミック界の至宝、完全版で再発掘!!名作との誉れ高い『MASTERキートン』が完全版として復活!!雑誌掲載時の4色2色ページを完全再現したA5判の豪華版。
Recommend
【送料無料】罪悪
【送料無料】罪悪 (JUGEMレビュー »)
この世には、裁くことのできない「罪」がある。高名な刑事事件弁護士が現実の事件に材を得て、様々な罪人たちの真実の姿を描き出す。『犯罪』の著者による至高の連作短篇集。
Recommend
【送料無料】アヒルキラー
【送料無料】アヒルキラー (JUGEMレビュー »)
美女ばかりを狙った連続殺人事件が発生。その顔はズタズタに切り刻まれ、死体の横には必ずアヒルのおもちゃがあった…。世にも残酷な難事件を追ううちに、新米刑事の赤羽健吾と、行動分析課の上司・八重樫育子は、57年前の未解決事件に行きつく。
Recommend
【送料無料】寝るだけ!骨盤枕ダイエット
【送料無料】寝るだけ!骨盤枕ダイエット (JUGEMレビュー »)
腰の下に枕を置いて寝るだけで、おなかがぺったんこになる超ラクやせダイエットを紹介。骨盤枕ダイエットの基本から、部位別ダイエット、不調に効く骨盤枕エクサを解説。骨盤枕ダイエット体験リポートも収録。
Recommend
【送料無料】ギャル曽根流大食いHAPPYダイエット
【送料無料】ギャル曽根流大食いHAPPYダイエット (JUGEMレビュー »)
半年で15キロ痩せた彼と結婚!大食いしても太らないギャル曽根レシピ92を大公開!ボリュームたっぷり、カロリー低め。満足するからリバウンドなし。
Recommend
BELOVED
BELOVED (JUGEMレビュー »)
GLAY, TAKURO, 佐久間正英
宝石箱のように色あざやかな美しい曲が揃った大事な大好きなアルバム。うれしいときも悲しいときも取り出して聴きたくなる。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
神学校の死:P.D.ジェームズ
今日の1冊は、P.D.ジェームズの

『神学校の死』です。

アダム・ダルグリッシュ警視シリーズの12作目。


サフォーク州の 人里離れた海岸の上に立つ神学校で

神学生の一人が海岸で謎の死を遂げ、事故死とされます。

ところが、納得しない学生の義父が、ロンドン警視庁に圧力をかけてきたため、

少年時代に同校で夏季休暇を過ごしたことがあるダルグリッシュ警視長が、

校内に滞在して調査にあたることになります。


アダム・ダルグリッシュ警視長は、長身でハンサム、

冷静沈着で 感情をあまり表に出さないタイプです。

出産時に 奥さんと子供を亡くしており、以来独身。

そして、詩人でもあります。


読んでいると、荒々しい海の景色と、

吹きすさぶ海風のうなりが 聞こえてくるような気がしました。


登場人物たちの、隠された過去や複雑な関係が

細かく描き出されていくさまは、文学作品の味わいがあります。


派手さはないけれど、重厚で読みごたえのあるミステリです。


☆ たまには日常を忘れて、じっくり読書に浸りたい、というあなたに おすすめ ☆


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村 


JUGEMテーマ:読書

 


posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(サ行作家) | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ローリング邸の殺人

今日の1冊は ロジャー ・スカーレット の

『ローリング邸の殺人』 です。


ボストン警察のケイン警視は 病気で療養中に

ファラデーと名乗る男の訪問を受けます。

彼は友人の アーロン・ローリングが殺されるかもしれないと言うのです。


HELP ME と書かれた本が送られてきたことから、興味を持ったケイン警視は、

身分を伏せてローリング邸に間借りし、調査を始めるのでした。

ところがある夜、アーロンが急死してしまいます。


このローリング邸というのが、何とも暗いお屋敷なのです。、

そこに住んでいるのは、アーロン、アーロンの妻、義姉、執事。

彼らは ほとんど出かけもせず、訪ねてくるのは主治医くらいのもの。


はっきりしない証言に手を焼き、謎は深まるばかりのように見える中、

ついに つきとめた真相は、とても意外なものでした。


※ ロジャー・スカーレットは、二人の女性による合作のペンネームです。


☆ 館モノをじっくり堪能したいあなたにおすすめ ☆


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:読書

 
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(サ行作家) | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |-
人魚とビスケット

今日の1冊は、J.M.スコットの

『人魚とビスケット』です。

これは、イギリスで実際に新聞に載った、おかしな三行広告がもとになった話です。

最初の広告は、こういう文章でした。


「人魚へ。とうとう帰りついた。連絡を待つ。ビスケットより。」


ビスケットと名乗る人物と、人魚と呼ばれる人物は誰なのでしょうか?

そして 彼らににいったい何が起こったのでしょう?

それは、想像を絶する物語でありました。

大戦中、戦争の巻き添えで沈んだ船。

ビスケット、人魚、ブルドック、ナンバー4の4人は いかだに乗り移り

ほぼ百日間漂流することになります。

極限状態におかれた人間たちの様子に引き込まれ

自分も海の上でゆれているような気持ちになりました。

色々あって、ミステリ的結末に至るまで、一気読みです。


☆ 夏にはボートで海に漕ぎ出したいあなたにおすすめ ☆
 

JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(サ行作家) | 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) |-
カリブ諸島の手がかり
今日の1冊はT.S.ストリブリング の

『カリブ諸島の手がかり』です。


アメリカの心理学者、ヘンリー・ポジオリ教授が、

休暇中に南米の島で出会った 五つの事件。

舞台は、ハイチやトリニダード島などのカリブ海に浮かぶ島々で、

熱帯ならではの 濃密な空気が漂います。

ここでは 政情が不安定だったり、独特の宗教や文化があったりするのですが、

ポジオリ教授は 名声は高いようです。

実力のほどはともかく、名探偵に祭り上げられてしまった という感じなのですが、

本人がそれを喜んでいたりするところが、可愛いというか、可笑しいというか。

けれども最後には、教授の身にとんでもないことが起こってしまいます……。


☆ たまには、え〜っとあきれる衝撃を味わってみたいあなたににおすすめ ☆


 


JUGEMテーマ:読書
 
評価:
T S ストリブリング
河出書房新社
¥ 998
(2008-08-04)

posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(サ行作家) | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-
誰の死体?
今日の一冊は、ドロシー・L. セイヤーズの

『誰の死体?』 です。


実直な建築家が朝起きて、浴室で見知らぬ男の死体を発見します。

男はまったく服を着ておらず、身につけているものは金縁の鼻眼鏡と金鎖だけでした。

突然現れたこの死体は、いったい誰の死体なのでしょうか?

探偵役は貴族探偵ピーター・ウィムジイ卿。

育ちがが良く、知性豊かな趣味人。

主役を食う勢いの従僕、バンターが探偵助手も努めます。

この作品が初登場のピーター卿は、好奇心が強くて、おしゃべり、

だけど、戦争のトラウマをひきずっていたりという繊細な面も持っています。

貴族の生活の一端や、ほかの魅力的な登場人物も紹介される、

シリーズ第一作らしい作品。


☆ お坊ちゃん探偵としっかり者の従僕、みたいなコンビが好きなあなたにおすすめ ☆



JUGEMテーマ:読書

 
評価:
ドロシー・L. セイヤーズ
東京創元社
¥ 651
(1993-09)

posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(サ行作家) | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) |-
誰の死体?
今日の1冊はイギリスミステリ、

ドロシー・L. セイヤーズの「誰の死体?」です。

まじめな建築家が朝起きて、自分の家の浴室でとんでもないものを発見します

それは見知らぬ男の死体。

しかも、身につけているものは金縁の鼻眼鏡と金鎖のみです。

いったいこれは誰の死体なのでしょうか?

この作品の探偵役は、由緒正しい貴族の家柄のピーター・ウィムジイ卿です。

しっかりものの従僕、バンターとロンドンで悠々自適の生活を送っています。

お金持ちで生活の心配が無い彼の道楽は、

美食、ワイン、本の蒐集、そして犯罪捜査。

トリックよりも、おしゃれな会話や軽妙な会話が楽しい作品です。

☆ ユーモアあふれる個性豊かな人間たちに興味があるあなたに、おすすめ 


誰の死体?
誰の死体?
ドロシー・L. セイヤーズ, Dorothy L. Sayers, 浅羽 莢子
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(サ行作家) | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |-
老人たちの生活と推理
今日の一冊はアメリカミステリ

コリン・ホルト・ソーヤーの

老人たちの生活と推理」です。


地味な題名の通り、これは老人ホームが舞台のミステリです。

でも、「海の上のカムデン」はカリフォルニア州サンディエゴの北20マイルにある、

元ホテルを改造した高級老人ホームなのです。

そこで、質素でおとなしかった老婦人が階段の下で死んでいるのが発見され、

元気なおばあちゃんたち四人組は警察からの注意を無視して探偵ごっこを始めます。

それは警察にとってはかなり迷惑なこと。

でも一生懸命さが可愛くて憎めない。

だてに人生の歴史を積み重ねてきたわけじゃない、活動的でユーモラスな四人から目が

離せないでしょう。

人生の重みさえも感じさせてくれる良質のミステリーです。


☆ きっと老人になってもパワフルなあなたにおすすめ ☆

老人たちの生活と推理
老人たちの生活と推理
コリン・ホルト ソーヤー, Corinne Holt Sawyer, 中村 有希
posted by: 飛鳥 | 海外ミステリ(サ行作家) | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) |-