Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
本ブログ
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
Recommend
【送料無料】MASTERキートン(7)完全版
【送料無料】MASTERキートン(7)完全版 (JUGEMレビュー »)
コミック界の至宝、完全版で再発掘!!名作との誉れ高い『MASTERキートン』が完全版として復活!!雑誌掲載時の4色2色ページを完全再現したA5判の豪華版。
Recommend
【送料無料】罪悪
【送料無料】罪悪 (JUGEMレビュー »)
この世には、裁くことのできない「罪」がある。高名な刑事事件弁護士が現実の事件に材を得て、様々な罪人たちの真実の姿を描き出す。『犯罪』の著者による至高の連作短篇集。
Recommend
【送料無料】アヒルキラー
【送料無料】アヒルキラー (JUGEMレビュー »)
美女ばかりを狙った連続殺人事件が発生。その顔はズタズタに切り刻まれ、死体の横には必ずアヒルのおもちゃがあった…。世にも残酷な難事件を追ううちに、新米刑事の赤羽健吾と、行動分析課の上司・八重樫育子は、57年前の未解決事件に行きつく。
Recommend
【送料無料】寝るだけ!骨盤枕ダイエット
【送料無料】寝るだけ!骨盤枕ダイエット (JUGEMレビュー »)
腰の下に枕を置いて寝るだけで、おなかがぺったんこになる超ラクやせダイエットを紹介。骨盤枕ダイエットの基本から、部位別ダイエット、不調に効く骨盤枕エクサを解説。骨盤枕ダイエット体験リポートも収録。
Recommend
【送料無料】ギャル曽根流大食いHAPPYダイエット
【送料無料】ギャル曽根流大食いHAPPYダイエット (JUGEMレビュー »)
半年で15キロ痩せた彼と結婚!大食いしても太らないギャル曽根レシピ92を大公開!ボリュームたっぷり、カロリー低め。満足するからリバウンドなし。
Recommend
BELOVED
BELOVED (JUGEMレビュー »)
GLAY, TAKURO, 佐久間正英
宝石箱のように色あざやかな美しい曲が揃った大事な大好きなアルバム。うれしいときも悲しいときも取り出して聴きたくなる。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
「まんまこと」 畠中恵
今日の1冊は、畠中恵の

『まんまこと』 です。


畠中さんといえば、『しゃばけ』 シリーズが人気です。

この作品も時代ものですが、別のシリーズ。妖(あやかし)は出てきません。


主人公は、町名主の息子・麻之助です。

江戸時代に、近所のもめごとを裁くのは名主の仕事だったようです。

お白州ならぬ、屋敷の玄関で仲裁をしたとか。


今回、ある事情で麻之助が名主の名代を務めることになり、

持ち込まれる事件を調べたり、解決していく話です。


ところで、16歳までは真面目で評判が良かった麻之助は、

今では、とんだお気楽者と言われています。

彼はどうして変わってしまったのか……?

いったい何があったのか……?

おいおいわかってきます。


その辺の事情は なかなかに切ないのですが、

彼を取り巻く人間関係にほっとして、温かい気持ちになる、時代ミステリです。


☆江戸・人情・ミステリ というキーワードに魅かれるあなたにおすすめ ☆



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:読書





   
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(は行作家) | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ウルチモ・トルッコ犯人はあなただ!
今日の1冊は

深水 黎一郎の『ウルチモ・トルッコ犯人はあなただ!』です。


これは、ちょっと珍しいミステリです。

作者は、これまで不可能だと言われてきた、

“読者が犯人” というトリックに挑戦しました。


新聞に連載小説を発表している私のもとに 一通の手紙が届きます。

その手紙には、「意外な犯人」モノの小説案を 高値で買ってほしい

と書かれていました。

差出人はこのトリックを、「命と引き換えにしても惜しくない」と言うのですが……。


トリックがあきらかになるまでが、もどかしかったのですが、

作者のチャレンジ精神は評価できます。

読んだあと あなたは、

「よくやった!」と思うでしょうか?

「……」と黙ってしまうでしょうか?


☆ 究極のトリックを自分の目で確かめてみたいあなたに おすすめ ☆


JUGEMテーマ:読書
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(は行作家) | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
美食探偵

今日の1冊は、火坂雅志の『美食探偵』です。


火坂さんといえば、現在放送中の大河ドラマ「天地人」の原作者。

歴史小説で有名な方ですが、

この作品は、村井弦斎という実在の人物を探偵とした時代ミステリです。


時は明治。

村井弦斎は『食道楽』という料理小説を書いて、それがベストセラーとなりました。


明治三十年代の湘南を舞台に、

死者の復活、衆人環視の殺人、人間消失など五つの謎が描かれています。


カツレツ、牛鍋、ヒラメのグリル、鶉のローストにアイスクリーム。

明治のグルメとはこんなものだったのか と思います。


歴史上の人物も何人か登場して、時代の空気あふれる中で

シャーロック・ホームズの向こうを張って、玄斎探偵の推理が冴えわたります。


☆ 幕末から明治にかけての、文明開化の花咲く時代が好きな人におすすめ ☆


JUGEMテーマ:読書
 

評価:
火坂 雅志
角川グループパブリッシング
¥ 620
(2008-12-25)
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(は行作家) | 18:20 | comments(0) | trackbacks(1) |-
真っ暗な夜明け
今日の1冊は本格ミステリ
氷川 透の『真っ暗な夜明け』です。

学生時代のバンド仲間たちが久しぶりにに集まった夜、事件は起こりました。

音楽の話で盛り上がった宴も終わり、近所に住む和泉と藤はそのまま帰ることに。

それ以外のメンバーは地下鉄の駅に降りて終電を待つことにします。

ところが改札口で別れて帰って行ったはずの和泉が、

駅のトイレの中で撲殺されているのが発見されます。

凶器はなぜか駅構内にあるブロンズ像の丸い台座。

現場の状況からは、仲間たちの中に犯人がいるとしか考えられないのですが……。

推理作家志望でライブハウスでピアノを弾いている氷川透が探偵役となり、謎解きをします。

とことん仮説をたてては、それを壊していくという、ロジックの迷宮に圧倒されます。

☆ 本格ミステリと青春を愛するあなたにおすすめ 


真っ暗な夜明け
真っ暗な夜明け
氷川 透
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(は行作家) | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) |-
学ばない探偵たちの学園
今日の1冊は東川篤哉の
学ばない探偵たちの学園』です。

のんきな雰囲気の私立鯉ヶ窪学園に転校してきた赤坂通は

非公認サークル・探偵部に入部させられます。

そして目の前で密室殺人に遭遇してしまうのです。

被害者は、芸能クラスのアイドル目当てで侵入した盗撮カメラマンでした。

そのうちに妙な名前の刑事コンビが現れるし、

美術教師が勝手な推理を披露するし、

音楽教師は謎の言葉を残すし……。

さて、我らが探偵部と顧問教師は犯人にたどり着くのでしょうか?

とんでもないトリックにぬるいギャグ、でも伏線はバッチリのコミカルな学園ミステリ。

☆ アホな先輩にもついていけるあなたにおすすめ 


学ばない探偵たちの学園
学ばない探偵たちの学園
東川 篤哉
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(は行作家) | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |-
都会のトム&ソーヤ
今日の一冊は

はやみねかおるの『 都会のトム&ソーヤ 』です。

創也は竜王グループの跡取り。

ちょっとひねくれた性格だけれど、捨ててある物なら何でも修理してしまいます。

内人はごく平凡な少年。

でも、おばあちゃんの知恵を活用したサバイバルが得意です。

この2人の中学生はビルの谷間に秘密基地を作ってしまいます。

都会には子供の遊び場所は少なくなりましたが

こんなことができたらいいだろうな、と思ってしまいます。

お互いの個性を役に立てて、都会の真ん中で冒険を繰り広げる2人はいいコンビ。

大人にも子供にも楽しめる作品です。


☆ 子供の頃、空き地や神社で秘密基地を作って遊んだあなたにおすすめ 



都会のトム&ソーヤ〈1〉
都会のトム&ソーヤ〈1〉
はやみね かおる


posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(は行作家) | 19:06 | comments(2) | trackbacks(0) |-
密室の鍵貸します
今日の一冊は、

東川篤哉の「密室の鍵貸します」です。

烏賊川市(いかがわし)というふざけた名前の街で

市立大四年の戸村流平は、一日に二つの殺人の容疑者になってしまいます。

悪いことに彼をふった元彼女が殺されてしまいます。

その同じ時間に、彼は先輩の死体を発見していました。

しかもそこは内側から鍵がかかった密室でした。

アリバイを主張できるはずもなく、証拠隠滅をはかったり、逃げ出したり、

パニックになって助けを求めたのは、元義理の兄である私立探偵でした。

なかなか味のある刑事たちに追われながら、

彼は無実を証明できるのでしょうか?


☆ ベタなギャグも笑い飛ばせる心の広いあなたにおすすめ 

密室の鍵貸します
密室の鍵貸します
東川 篤哉
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(は行作家) | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) |-
見えない精霊
今日の一冊は林泰広の

見えない精霊」です。


インドの森の奥深くで出会った老婆は

突然語り始めます。

その声と言葉は、カメラマン「ウィザード」のものでした。

やってはいけないことに踏み込んで

見えない精霊と対決しなければならなくなったこと。

飛行船の中で彼に死を与えるために来た美しい少女に

怜悧な頭脳で対抗した彼は

目に見えるものしか信じなかったこと。

そして彼に訪れた不可思議な死について。

途中「読者への挑戦状」が2回でてきます。

あなたは答えることができるでしょうか?


☆ 挑戦状を受けて立ち、謎解きをしてみたいあなたにおすすめ ☆


The unseen見えない精霊
The unseen見えない精霊
林 泰広
↑をクリックするとamazonの紹介ページに飛びます。
posted by: 飛鳥 | 日本ミステリ(は行作家) | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |-